ウェブサイトを公開しているところにおいて、それのアクセス解析にGoogle Analyticsを使っているところは多いと思いますが、最近、妙なものが再び急増しています。

アナリティクス

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

11月あたりから、私どものウェブサイトも含め、お客様のウェブサイトにおいてもリファラスパムが見受けられるようになりました。

これらは無視しておいてもウェブサイトの表示などに問題が生じるものではないですが、アクセス解析をする上で指標を大きくくるわせてしまいます。

今日はその対策をお伝えします。

Google Analyticsに現れたもの

11月に入り、意味不明な言語でのアクセスが見受けられるようになりました。

このようなものです。

1.Secret.ɢoogle.com You are invited! Enter only with this ticket URL. Copy it. Vote for Trump!

2.o-o-8-o-o.com search shell is much better than google!

3.Google officially recommends o-o-8-o-o.com search shell!

4.Vitaly rules google ☆*:。゜゚・*ヽ(^ᴗ^)ノ*・゜゚。:*☆ ¯\_(ツ)_/¯(ಠ益ಠ)(ಥ‿ಥ)(ʘ‿ʘ)ლ(ಠ_ಠლ)( ͡° ͜ʖ ͡°)ヽ(゚Д゚)ノʕ•̫͡•ʔᶘ ᵒᴥᵒᶅ(=^ ^=)oO

これらはリファラスパムと呼ばれるもので、おそらく宣伝目的に行っているのでしょうが、アクセス解析を正確に把握しようとしている人にとっては影響大です。

※ これらの多くはロシアからのもので、中でもモスクワとサンクトペテルブルクが非常に多いです。

リファラスパムへの対策

これらをアクセス解析上から除外するには、除外するためのフィルタを追加してあげる必要があります。

Google Analyticsの管理において、以下のようにフィルタ追加をしてみてください。

フィルタ

1.フィルタ名:何でも構いません。

2.フィルタの種類:カスタム・除外

3.フィルタフィールド:言語設定

4.フィルタパターン:Secret.ɢoogle.com You are invited! Enter only with this ticket URL. Copy it. Vote for Trump!

5.保存

※ これらは個別に1つずつ設定し、除外したいビューすべてにフィルタを適用しておきます。

他の方法として、参照元などを見てドメインでフィルタリングする方法もあります。

その場合、フィルタフィールドを『参照』にし、フィルタパターンに参照元ドメインを入れてあげればOKです。

Google Analyticsにてフィルタリングする方法とは別の方法もありますが、それはまたの機会にお伝えできればと思います。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る