今やWi-Fi(無線LAN)はオフィスの中でも当り前のように活躍している存在ですが、そんなWi-Fi(無線LAN)、時にはパフォーマンスが低下することもあります。

Wi-Fi(無線LAN)

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

今日は、Wi-Fi(無線LAN)のパフォーマンスの話しを少ししてみたいと思います。

最近では、オフィスの中でもWi-Fi(無線LAN)を使うところが多くなってきていますが、これは、使用している周辺環境などにおいても結構左右されます。

では、具体的にどのようなことでパフォーマンスが低下してしまうのでしょうか?

Wi-Fi(無線LAN)のスピードが低下する要因

Wi-Fi(無線LAN)も電波の1つですので、周辺環境において別のWi-Fi(無線LAN)環境が多く存在すればするほどパフォーマンス条件が下がる可能性があります。

類似した電波が複数混在することで、互いが電波干渉をすることによって安定性にも影響します。

また、一部のWi-Fi(無線LAN)ルータにおいては、周辺において802.11bや802.11gの電波を感知すると、デュアルチャンネルをシングルチャンネルに強制的にダウンさせてしまうものもあります。

その他、近くにある機器類の電波による影響もあれば、Wi-Fi(無線LAN)ルータの仕様として、アクセスしているデバイスの数が適切なものでなければ当然パフォーマンスは低下します。

これらのように、いくつかの要因が重なってパフォーマンスの低下に繋がっていたりしますので、それを改善するには1つずつ調査をしていくしかありません。

Wi-Fi(無線LAN)のスピード改善

まず、inSSIDerなどのツールを使い、周辺で使われているWi-Fi(無線LAN)の状況を確認し、周辺と自身が使っているチャンネルが重複しているようであれば空いているチャンネルに変更します。

これと同時に、どれくらいの電波状況であるかを確認し、状況が悪いようであれば設置場所を変更したりもしてみます。

これでも改善しないのであれば、Wi-Fi(無線LAN)ルータに対してアクセスしているデバイスの数が適切かどうかを確認し、場合によってはWi-Fi(無線LAN)ルータの許容量が大きいものに交換した方が良い場合もありますが、オフィスの状況などによっては中継器を設置するなどし、デバイスからより近いところから電波を飛ばしてあげることを検討した方が良い場合もあります。

以上、ご参考までに。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る