2018年2月に総務省が公表した調査結果では、『SPF』の日本国内における普及率は全体の約50%程度あるものの、『DMARC』においては全体の0.5%強程度しかなく、課題に一つとして挙げられています。

本物のドメインと偽物のドメイン

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

今朝、トレンドマイクロ社のあるコラムを読んでいたところ、『ビジネスメール詐欺』に関連したものが紹介されていましたので、今日はそれをお伝えします。

類似ドメインを使ったなりすまし詐欺

事業者の場合、メールを送信する際に『なりすまし』対策の一つとして『SPF(送信元メールサーバのIPアドレス確認)』、『DKIM(電子署名確認)』、『DMARC(SPFとDKIMの認証を利用した認証と処理宣言)』といったドメイン認証を用いていることが多いですが、それを逆手に取ったような事象が起きています。

それは、『類似ドメイン』を使った『なりすまし』詐欺です。

例えば、example.comというドメインがあったとします。

この『example.com』になりすましたい場合、偽物のドメインとして『exarnple.com』というドメインを使い、事業者へ『請求書』などのメールを送りつけます。

この例によるポイントは、exampleの『m(エム)』を『rn(アール・エヌ)』に変えて模倣されている、『模倣ドメイン』であることです。

確かに、パッと見た限りでは『rn(アール・エヌ)』が『m(エム)』に見えてしまいます。

そして、この模倣ドメインと『SPF』、『DKIM』、『DMARC』といったドメイン認証を組み合わせることで余計に本物であるかのように見えてしまいます。

理由は簡単です。

模倣ドメインは攻撃者側が所有しているドメインですから、『SPF』、『DKIM』、『DMARC』、いずれも正常に認証をPassさせることができるからです。

『m(エム)』と『rn(アール・エヌ)』以外にも、『0(ゼロ)』と『O(オー)』、『o(オー)』と『a(エイ)』、『S(エス)』と『5(ゴ)』などがだましの模倣ドメインに使われていたりします。

このような『なりすまし』に対しては、徹底した社内教育に加え、それらを検知するセキュリティの導入などにてリスクを軽減する必要があるとされています。

参考:『ビジネスメール詐欺:DMARCなどドメイン認証のすり抜けを狙った手口

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る