ネットショップでたまに見かけるSSL暗号化通信をしていないショップ、どう思われますか?

インターネットショップ

インターネットショップで未だに見かける、SSL暗号化通信をしていないショップ、

私にとっては信じ難いショップです。

お客様の個人情報を取得したり、時にはクレジットカード情報までも取得する

というサイトであるにも関わらず、全く暗号化通信をしていないショップを見かける

ことがあります。

ショッピングモール以外の独自のショッピングサイトの場合、普通はお買い物

をして、個人情報を入力する画面からはhttpsからはじまるアドレスになるのが

一般的ですが、これがhttpのままのショッピングサイトが未だにあります。

httpとhttpsの違いは、通信の暗号化を行っているのかどうかにあります。

httpは暗号化通信を行っていないサイトで、httpsは暗号化通信を行っている

サイトです。

つまり、暗号化をされているサイトは情報を盗み取られにくいのです。

また、独自のショッピングサイトを開設する際は、固定のIPアドレスを取得し、

SSL証明書という、電子証明書を取得します。

安価なところを利用すれば年間コストはそれほどかからないのですが、

それすら行っていないところがあることが驚きです。

購入していただく顧客のことを考えれば、必然的にSSL証明書を取得した、

暗号化通信のできるサイトにするものかと思いますが、そうしていない

ショップは、顧客に対する思いやりに欠けているのではないでしょうか。

ご注意ください。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る