中小企業庁は、平成28年度第2次補正予算『革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金』の公募を平成28年11月14日(月)から開始しました。

お知らせ

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

11月14日(月)より、ものづくり補助金の応募が開始になっていますのでお知らせします。

ものづくり補助金の概要

国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を支援する。

ものづくり補助金の対象者

認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者であり、下記の要件のいずれかに取り組むものであること。

『中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン』で示された方法で行う革新的なサービスの創出・サービス提供プロセスの改善であり、3~5年で、『付加価値額』年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。

または『中小ものづくり高度化法』に基づく特定ものづくり基盤技術を活用した革新的な試作品開発・生産プロセスの改善を行い、生産性を向上させる計画であること。

ものづくり補助金の支援内容と規模

・中小企業者等が第四次産業革命に向けて、IoT、AI、ロボットを活用する革新的ものづくり・商業・サービス開発を支援。

(補助上限:3,000万円、補助率:2/3)

・中小企業者等のうち経営力向上に資する革新的ものづくり・商業・サービス開発を支援。(※)

(補助上限:1,000万円、500万円、補助率:2/3)

※雇用増(維持)をし、5%以上の賃金引上げについては、補助上限を倍増。

※最低賃金引上げの影響を受ける場合は補助上限をさらに1.5倍(上記と併せ補助上限は3倍)

公募期間と対象期間

公募期間:平成28年11月14日(月)~平成29年1月17日(火)

対象期間:交付決定日~平成29年12月29日(金)

(小規模型の場合は、交付決定日~平成29年11月30日(木))

公募に関する問い合わせは、各都道府県の中小企業団体中央会事務局まで尋ねてみて下さい。

また、チャレンジしてみたい事業主の方は、私どもでも補助金申請のスペシャリストと提携しておりますのでお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る