昨年のこの季節頃、『小規模事業者持続化補助金とは』でもご紹介しましたが、現在中小企業庁では、『小規模事業者持続化補助金』を募集しています。

チェックOK

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

平成28年度第2次補正予算における『小規模事業者販路開拓支援事業(小規模事業者持続化補助金)』の公募が開始になっていますのでお知らせします。

対象者

・製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む会社及び個人事業主

・常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者

支援内容・支援規模

<一般型>

対象者:全国の小規模事業者

補助率:補助対象経費の2/3以内

補助上限額:50万円、100万円(賃上げ、雇用対策、海外展開、買物弱者対策)、500万円(複数の事業者が連携した共同事業)

<熊本地震対策型>

対象者:熊本県全域及び大分県の一部地域(別府市、日田市、竹田市、宇佐市(旧院内町、旧安心院町のみ)、由布市、九重町、玖珠町)に所在する平成28年熊本地震の影響を受けた小規模事業者

補助率:補助対象経費の2/3以内

補助上限額:200万円、2,000万円(複数の事業者が連携した共同事業)

<台風激甚災害対策型>

対象者:北海道空知郡南富良野町並びに岩手県宮古市、久慈市及び下閉伊郡岩泉町に所在する台風第7号、台風第11号、台風第9号及び台風第10号の影響を受けた小規模事業者

補助率:補助対象経費の2/3以内

補助上限額:100万円、1,000万円(複数の事業者が連携した共同事業)

公募期間

<一般型>

平成28年11月4日(金)~平成29年1月27日(金)【締切日当日消印有効】

<熊本地震対策型>

平成28年11月4日(金)~1次締切:平成28年11月25日(金)【締切日当日消印有効】/2次締切:平成29年1月27日(金)【締切日当日消印有効】

<台風激甚災害対策型>

平成28年11月4日(金)~1次締切:平成28年12月2日(金)【締切日当日消印有効】/2次締切:平成29年1月27日(金)【締切日当日消印有効】

広告掲載、チラシ・パンフレット作製、ホームページ作成、機械導入、店内の改修、イベント出店など、販路開拓を目的とするもので活用できますので、積極的に活用してみてください。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る