先日投稿した『楽天市場をかたるスパムが再発』に続き、どうやら『Amazon.co.jp』をかったったスパムメールも再発しているようです。

Amazon.co.jp を偽装したスパムメール

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、連休明けの今日は再び注意喚起の記事投稿です。

先日の『楽天市場』をかたったものに続き、今回は『Amazon.co.jp』をかたったものが拡散している可能性があります。

Amazon.co.jpをかたる巧妙なスパム

『Amazon.co.jp』の偽物が拡散されることはよくあることではありますが、その内容は以前より巧妙になっているように思えます。

ここ数日あたりで拡散されているものもそうで、一瞬本物のAmazon.co.jpからのメールかと思わせる部分もあったりします。

件名:【Аmazon】■重要■ にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認

内容例:

Аmazon お客様

残念ながら、あなたのアカウント Аmazon を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため Аmazon 情報を確認する必要・ェあります。今アカウントを確認できます。

Аmazon ログイン

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ: Amazonカスタマーサービス。

お知らせ:
・パスワードは誰にも教えないでください。
・個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
・オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。
Аmazon

このような感じのものが拡散されています。

しかし、よく見ると誤字があったり、通常使われない言い回しがあったりしています。

この中で惑わされやすいのは『Amazon ログイン』の部分で、ここには偽サイトへの誘導リンクが張られています。

リンクURL:『https://www.amazon.co.jp.update.blue/www.amazon.co.jp/account-update

※ 間違ってもこのURLに移動しないでください。

これ、よく見るとドメインは『.blue』であり、正規の『Amazon.co.jp』ではないことがわかりますが、ぱっと見は間違えてしまう可能性があります。

皆さん、くれぐれもお気を付けください。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る