2018年4月17日(米国時間)、Google Chrome(ウェブブラウザ)の最新安定版『66.0.3359.117』がリリースされました。

これにより、以前お伝えした通りのものが破棄されます。

警告

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

以前、『Symantec系SSL証明書の停止』という記事にてお伝えした通り、Symantec系の証明書に対する信頼が破棄されました。

Symantec系の証明書への信頼破棄

GoogleのウェブブラウザChromeが正式にChrome 66となりました。

以前の予告通り、Symantec CA(認証局)によって2016年6月1日より前に発行された証明書に対する信頼は破棄されます。

従って、Symantec CAによって2016年6月1日より前に発行された証明書を使用している場合、信頼される認証局から発行された新しい証明書に変更する必要があります。

(本来はChrome 66の正式リリースより前に変更しておくべきです。)

また、10月後半でリリース予定のChrome 70においては、Symantecルートに結びついている証明書すべてに対して信頼が破棄されます。

ただし、DigiCertがSymantecの証明書事業を買収した後にDigiCertから再発行された証明書は除外されます。

今一度証明書を見直し、該当する場合は直ちに証明書の置き換えが必要です。

以下、参考までに掲載しておきます。

サイト運営者向けの情報

Chrome 66 以降、Symantec によって 2016 年 6 月 1 日より前に発行された証明書に対する信頼が破棄されます。現時点では、Chrome 66 は Chrome ベータ版ユーザーに対して 2018 年 3 月 15 日に、安定版ユーザーに対して 2018 年 4 月 17 日頃にリリースされる予定です。

Symantec CA によって 2016 年 6 月 1 日より前に発行された証明書を使用しているサイト運営者は、Chrome 66 のリリースよりも前に、既存の証明書を Chrome が信頼する認証局から発行された新しい証明書に置き換える必要があります。

また、Symantec は 2017 年 12 月 1 日までに信頼できる公式の証明書の発行と運用を DigiCert インフラストラクチャに移行し、この日付以降に古い Symantec インフラストラクチャから発行された証明書は Chrome で信頼されなくなります。

Symantec の古いインフラストラクチャとそれらが発行したすべての証明書に対する信頼が完全に破棄される Chrome 70 は、2018 年 10 月 23 日の週前後にリリースされる予定です。これにより、Google に以前公開された独立して運用されている監査済みの下位 CA が発行した少数の証明書を除いて、Symantec ルートに結び付けられているすべての証明書が影響を受けます。

Symantec の既存のルート認証局および中間認証局から証明書を取得する必要のあるサイト運営者は 2017 年 12 月 1 日まで Symantec の古いインフラストラクチャから取得することができますが、これらの証明書は、Chrome 70 がリリースされる前に再度置き換える必要があります。また、Symantec のインフラストラクチャから発行された証明書は、有効期間が 13 か月に制限されます。代替策として、サイト運営者は Chrome が現在信頼している他の認証局から代替証明書を取得することができます。これらの証明書は、こうした信頼の破棄や有効期間の制限の影響を受けません。

by Google Developers Japan

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る