昨年、Office365のシェアはGoogle Appsを抜いてトップにおどりでた。しかし、Office365を導入するメリットは本当にあるのだろうか?

(Office365とは、ビジネスツールをオールインワンで提供するクラウドサービスのことです。)

クラウドサービス

皆さん、こんにちは。

業務コンサルタントの高橋です。

Office365には、Word・Excel・PowerPointといった従来のOffice製品にあったビジネスツールに加え、電子メールサービス、ファイル共有、チャットやビデオ会議などのツールも含まれています。

しかし、これは全ての事業者に向いているのでしょうか?

小規模事業者には不向き

小規模事業者の場合、Word・Excel・PowerPointあたりは使ったとしても、チャットやビデオ会議ツールなどを使うことは少ない。逆に言えば、従来のOffice製品で事が足りてしまいます。

また、外出先でiPadなどのモバイルデバイスを使ってビジネスツールを活用している例もまだまだ少ないと言えます。

そして、小規模事業者にとって一番気になるところがコスト的な問題です。コスト的なところを考えた場合、1ユーザーあたり最低年額7,000円(税込)程度~というOffice365は、長い目で見た場合のコストは従来のOffice製品より高いものとなってしまう可能性もあります。コスト的な分岐点は5年あたりで迎えるわけですが、小規模事業者の多くはもっと長い期間同じバージョンのOffice製品を使い続けることの方が多いです。

もし、チャットやビデオ会議、スケジュール的な機能が欲しいとなったとしても、やはり無料のクラウドサービス(信頼と実績のある会社のサービス)にて事が足りてしまいます。

こういったことを考えると、小規模事業者にはあまり向かないものかもしれません。

目的や人数によってはメリットあり

一方で、外出先でもビジネスツールを使ってプレゼンを行ったり、拠点間にてビデオ会議を行ったりするようなケースを想定した場合、それらが全て含まれているクラウドサービスOffice365はメリットがあると言えます。データセンターは日本国内にあり、強固なセキュリティで守られていることもありますので(警備も非常に厳しい)、クラウドストレージを活用したい場合にも安心して利用することができます。

ここから言えるのは、Office365に含まれる機能をフルに使いこなせるだけの目的があり、それを必要とする人数が相応にいるのであればOffice365は非常に良いクラウドサービスとして捉えることができるでしょう。

また、セキュリティ面も含めたトータルなクラウドサービスとしては考えた場合、コスト的にも安価なサービスであると捉えることができるでしょう。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る