今、ウェブサイトの大半は閲覧の際に暗号化されていない状態で通信しています。

しかし、今後は徐々に暗号化通信の方向へ移行されていく傾向にあります。

SSL暗号化通信

皆さん、こんにちは。

業務コンサルタントの高橋です。

今、ウェブサイトに暗号化通信を取り入れているとすると、銀行や証券会社の

ような金銭が絡むウェブサイトや、ショッピングモール、ショッピングサイト、

SNS、お問い合わせフォームなどでしょうが、先々はウェブサイト全体が

そういった暗号化通信を取り入れたものへと移行していく傾向にあります。

これは、そのウェブサイトの訪問者への配慮として、個人情報などに関わる

部分だけではなく、通常の閲覧に対しても安全性を担保するということです。

現に、世界的に検索上位の大手サイトはhttpではなく、httpsへ既に変更

しているようで、それが当り前となっているようです。

そして、これは検索のランキングにも影響がゼロではありません。

グーグル社も要因の1つとして利用することを発表しています。

この話しにおいてもごく普通の話しであって、暗号化されているものと

暗号化されていないものでは、暗号化されているものの方がユーザーに

優しいウェブサイトであることから、暗号化されているウェブサイトの方が

優位になるのは当り前の話しです。

ただ、現時点ではほとんど影響はなく、全体的にはこれから徐々にといった

ところかと思います。

この話しからも言えるように、やはりユーザーに配慮されたウェブサイトで

あることがどれくらい積み重なっているのか?で検索評価が変化します。

それを中心に考えていただくと、きっと良い結果が生まれます。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る