Windows XPとWindows Server 2003をまだ使っているところは多いようですが、

セキュリティ以外にもリスクが高いです!早急にアップブレードを。

禁止マーク

皆さん、こんにちは。

業務コンサルタントの高橋です。

まだ、相当多くのユーザーがWindows XPやWindows Server 2003を使って

いるようなのですが、これはセキュリティの問題だけでなく、継続使用している

ことそのものが非常にリスクの高いことです。

Windows XPは昨年の4月、Windows Server 2003は今年の7月に、

マイクロソフト社のサポートが完全に終了しました。

それにより、セキュリティパッチがリリースされないことでセキュリティ的なリスクを

抱えていることはもちろんですが、サポートが完全に終了したことにより、何が

起きてもマイクロソフト社を頼ることはできないということになりますので、

各IT業者も、『継続使用はお客様責任においてお願いします!』とアナウンス

しているところが大半かと思いますが、マイクロソフト社のサポートが終了している

以上、IT業者としても保守契約を継続できないのは当然のことです。

そういったリスクを背負って継続使用するよりは、すっきりした状態で社内業務を

行うことの方が、果ては会社のためになるでしょう。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る