米Netscape社が開発したSSLは数年前まで使用されていましたが、2014年、『POODLE』という重大な脆弱性が発見されたため、サーバにおけるSSL3.0の利用は非推奨となり、主要ブラウザにおいてもSSL3.0は無効化されました。

Yahoo!JAPAN

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、ご存知の通りSSL3.0は、2014年に事実上終了した感じとなっているわけですが、それに続き、TLS1.0とTLS1.1も順次終了していく様子が見受けられます。

TLS1.0とTLS1.1も順次対応は終了する

昨日でしたでしょうか。

Yahoo!JAPANが2018年6月1日(今日)以降、インターネット通信暗号化方式『TLS1.0』および『TLS1.1』のサポートを順次終了することが報じられました。

実のところ、2014年の『POODLE』という脆弱性発覚時において、実装が不十分な一部のTLS1.0とTLS1.1にも脆弱性は発見されており、昨今においては『TLS1.2』が主流になっていることもあり、安全性を重視し、TLS1.0とTLS1.1へのサポートを終了していくということになったのでしょう。

そして、こういった動きは他のサービスにおいても進む可能性が高いと思われます。

これにより、『TLS1.2』に対応していない古いブラウザやパソコンやスマートフォン、タブレットなどにおいて影響が出てきます。

それに伴い、OSやブラウザのバージョンアップが必要になり、それが不可能であれば新しいデバイスへの買い替えを行わなければウェブサービスが順次利用できなくなっていくことになります。

対応の可否は、Yahoo!JAPANのサイトでも確認可能です。

参考:『Yahoo!セキュリティセンター

Ads

// data-ad-format="auto" // data-full-width-responsive="true">

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋晋吾
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

この記事をシェアする

  • Facebookにシェア
  • はてなブックマークにシェア
  • LINEにシェア

関連記事

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る