先日書かせていただいたAMPとは何かを今のうちに把握でご紹介したAMP(Accelerated Mobile Pages/アクセラレイティッド・モバイル・ページ)は、エラーの状態のままではインデックスされません。

検証

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

まだまだAMP対応をしているウェブサイトはかなり少ないと思いますが、もしAMP対応をしているウェブページにおいてエラーが出ているのであれば、AMPとしてはインデックスされないままになってしまいます。

Search ConsoleのAccelerated Mobile Pagesにてエラーのあるページしかなく、 インデックスに登録されたAMPページ数がゼロのままであるならば、AMP対応させたページチェックしてみると良いです。

AMPページのエラーチェック

AMP対応させたページのエラーチェック方法は簡単にできます。

Google Chromeにて該当のページのURLの終わりに『#development=1』を付与し、デベロッパーツールのコンソールを開けば確認できます。

(ex.https://www.example.com/amp.html/#development=1

その際、AMP validation successful.と出ていればエラーはありませんが、出ていなければエラー箇所が赤で示されます。

しかし、現時点においてAMP対応しているとすればWordPressなどのCMSにてプラグインを使い、AMP対応の準備段階にあるウェブページが多いのではないでしょうか。

WordPressのAMPエラー

WordPressにおいてプラグインでAMP対応をした場合、他のプラグインの問題でAMPページがエラーになってしまうことがあります。

これはAMPプラグインにて対応したことが問題なのではなく、単純に他のプラグインがAMP対応されていないということです。

その場合、影響しているプラグインがAMPに対応するまで停止するか、AMP対応を少し先に延期するかになります。

急ぐ必要性はまだないかと思いますが、可能なのであれば今の段階からテストしてみると良いでしょう。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る