商標登録をしようなんて一度も考えたことがないという方、いざという時に役立つ

こともあります!

ブランド

皆さん、こんにちは。

業務コンサルタントの高橋です。

商品ブランドやサービスなどを商標登録しようと考えたことはありませんか?

これ、意外に重要な問題に直面してしまう場合があります。

こんな話しをご存知でしょうか?

皆さんもよくご存知のアップル社の主力商品iPhone、日本で発売する上で

ちょっとした壁がありました。

インターホン最大手のアイホン株式会社の登録商標である、『アイホン』や

『AIPHONE』の問題です。

同社は、電信機や電話機として、さらには通信サービスとして社名の『アイホン』

や『AIPHONE』をかなり前から商標登録をしていたのです。

当然、無条件にiPhoneとして日本で発売するわけにはいかなかったわけです。

相手が訴えを起こさなければ問題ないわけですが、このようなビッグな話しで

そうならないわけがありません。

逆に見れば、この登録商標がなかったとすると、ブランド名でもある『アイホン』

という表記や呼び方は、変更させられていたか、ロイヤリティを支払い続けることに

なったかのどちらかでしょう。

さて、これをどう思われますか?

会社の主力商品の名前やサービスなど、登録商標がないことで変更を余儀なく

されたり、莫大なロイヤリティを支払わされたりすることになってしまったら。

現に、アップル社はアイホン社に対して1億円くらいのロイヤリティを支払って

いるわけですが、おそらく他の要素もあってこの程度の金額でおさまっている

のでしょう。

結論として、副産物を期待するということではなく、防衛策の一環として、大事な

商品名やサービス名などを商標登録しておくべきでしょう。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る