iPhoneには、SMSでもMMSでもない、『iMessage』というiPhone・iPad・iPod touch・Mac間で送受信できるメッセージサービスがあります。

iMessage

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

iPhoneを使われている方、標準で付属しているメッセージアプリの『iMessage』は活用されていますか?

日本においては『LINE』がかなり普及していることもあって、iMessageはほとんど使っていないという方もおられるかもしれませんが、『ビジネス上、LINEはちょっと…』という方は『iMessage』を使ったりすることもあるでしょう。

そんなiMessageにおいて、まれにトラブルに見舞われる場合があります。

iMessageが強制的にSMSで送られる

これはある1つの事例ですが、iMessageにてメッセージを送り、それが未配信になってしまった時、右横にでる『!エクスクラメーションマーク』をタップすると3つの選択肢が出ます。

1.やりなおす

2.SMS/MMSで送る

3.キャンセル

通常であれば、ここで1の『やりなおす』を選択すればiMessageを使ってリトライしますが、何らかの原因でiMessageではリトライせず、強制的にSMSで送られてしまうことがあります。

もちろん、iPhoneの『設定→メッセージ→SMSで送信』部分はオフになっている場合にです。

この部分がオンになっているのであれば、iMessageが利用できない場合においてはSMSでメッセージが送信されます。

さて、これは何に問題があるのか?

この問題、まずSMSを扱うキャリアの問題なのか、iOSやiMessageアプリの問題なのかに関しては、概ねキャリアの問題はないと考えて良いでしょう。

考えられるのは、iOSかiMessageアプリにおける不具合、もしくは考慮不足、その時の携帯回線の状態、ネットワーク設定の状態、相手方のiMessageの状態など、さまざまな原因が考えられるわけですが、この場合、iPhoneの『設定→メッセージ→SMSで送信』部分はオフになっている以上、iMessageの通常配信や未配信における『やりなおし』は、何度リトライしてもiMessageのみでリトライすることになっていますので、そういった状況下にはなかったとだけは考えることができます。

これは、Wi-Fi環境において起きた事象であったとしても、モバイルデータ通信がオンになっている以上、原因の特定は非常に難しいです。

細かい話しではありますが、この場合においてはApple社からSMSで掛かった通信料が補填されるかと言うと、それは有り得ないことは言うまでもありません。

ご参考までに。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る