インターネットショップ構築に使われる『EC-CUBE』のバージョン3系において脆弱性が見つかっています。

EC-CUBE 3系に脆弱性

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

EC-CUBE 3系を使われている方、脆弱性が見つかっていますので最新版へアップデートされた方が良いです。

EC-CUBE3系はアップデートされたし

今回見つかったEC-CUBE 3系の脆弱性は『オープンリダイレクト』の脆弱性で、細工されたページにアクセスすることで任意のウェブサイトにリダイレクトされ、結果としてフィッシングなどの被害にあう可能性があるとされています。

この不具合が存在するEC-CUBEのバージョンは、最新バージョンを除くEC-CUBE 3系のすべてのバージョンです。

危険度は高くないようですが、早めに対応されることが望ましいと思われます。

対応方法は、

1.EC-CUBE 3.0.17 にバージョンアップする

2.修正用の差分ファイルをダウンロードして反映する

3.修正箇所のソースコード差分を確認し必要に応じて適用する

となります。

また、EC-CUBE 3.0.3以前を使われている場合、この脆弱性以外にも複数の脆弱性が存在しているため、EC-CUBE 3.0.4以上のバージョンアップした上で今回の修正を反映する必要があります。

以上、ご参考までに。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る