Oracle(オラクル)は、四半期ごとに提供しているセキュリティアップデートである『Critical Patch Update』をリリースしました。

Java

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

今日は、IPAやJPCERTにおいても注意喚起が促されている脆弱性情報をお届けします。

Java SEを今すぐアップデートせよ

Java SE JREは、Javaプログラムを実行するために必要なもので、多くのパソコンにおいてインストールされています。

いわゆるJava Runtimeと言われているものです(正確にはJava Runtime Environment)。

このJava Runtimeに複数の脆弱性があり、それが悪用された場合、リモートからの攻撃でJavaが不正終了したり、任意のコードが実行されてしまう恐れがあるとされています。

また、この脆弱性は開発者向けのJava SE JDKにも存在するため、どちらも今すぐアップデートする必要があります。

対象となるバージョンは、Java SE JRE/JDK 8 Update 121と、それ以前のバージョンで、Java SE JRE/JDK 6と7も影響を受けるようです。

現在、Oracleから修正済みのものが公開されていますので、いずれもJava SE JRE/JDK 8 Update 131にアップデートすることをお勧めします。

Java SE JREダウンロード先:https://java.com/ja/download/

Java SE JDKダウンロード先:http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

これに限らず、日々配信される脆弱性情報などはできる限りチェックされることをお勧めします。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る