購入・契約前の相談から購入・契約後のお問い合わせ、電話を掛けたりメールを送ったりでは待ち時間があったりで面倒に感じる、といった経験をされたことはありませんか?

ビジネスチャット

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、皆さんも日常的に使われている『Facebook Messenger』、『LINE』、『Twitter』、『WhatsApp』など、SNSと呼ばれるものでのやりとりも、リアルタイムでやりとりができる『チャット』です。

このようなチャット機能を顧客サポートに採用してみようと思ったことはありませんか?

お問い合わせなどにビジネスチャット

企業やお店のウェブサイトなどを見ると、お問い合わせは電話かお問い合わせフォーム(メール)というのが大半です。

しかし、電話をしてもなかなかつながらないとか、お問い合わせフォームからメールを送信しても返事をもらえるまでに時間がかかるといったことがあります。

そんな煩わしさを解消する方法の1つとして、『チャット』を使うという方法があります。

ユーザーは、わからないことや知りたいことがあればすぐに回答を得たいと思うのは普通です。

そんな状況下において、電話などの待ち時間はユーザーにとっては苦痛な話しです。

ユーザーが苦痛を感じれば不満が残り、それが積もればユーザーは離れていってしまうということもあり得ます。

これらを改善するためにも、気軽にお問い合わせができる『チャット』を活用するのは有効的であると言えます。

iOSもBusiness Chatを準備している

先日行われたAppleの開発者会議、WWDC2017において、AppleはiOS11からメッセージアプリ(iMessage)でBusiness Chatが使えるようになることを発表おり、問い合わせを受ける企業側がBusiness Chatを採用していれば、『Spotlight』、『Siri』、『Map』、『QRコード』からメッセージアプリ(iMessage)を起動してチャットを開始することができるようになるのです。

また、ここには『Apple Pay』での決済も用意されています。

このように、よりシンプル、かつ便利で、スピーディーな方法で完結できるサービスが今後は増えてくると思われます。

それらを踏まえ、顧客サポートなどに『チャット』の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る