ホームページを制作する際、どういうレイアウトにしたいと思いますか?ユーザーが訪れた際、あっ!と驚くような感じのレイアウトを求めますか?

ウェブサイト

皆さん、こんにちは。

業務コンサルタントの高橋です。

ホームページを制作する上で重要な要素の一つであるレイアウトは、ユーザーが情報を探しやすいものでなければなりません。

オーソドックスなものが一番

ホームページのレイアウトを、他と違う目立つものが良いとされる方がおられますが、それは自己満足にしかならないことが結構あります。

確かにあまり見たことのないようなものであればインパクトはあるかと思いますが、それがユーザーの購買欲につながるとは言い難いものがあります。

情報を提供する上で重要なのは、ユーザーが探している情報が見つけやすいかどうかです。

つまり、ユーザーが見慣れているものこそが情報を見つけやすいものとなります。

イライラサイトは離脱される

ユーザーが探している情報がいつまで経っても見つからないような構成になっている場合、ユーザーは当然ながら苛立ちを覚えます。

その時、次にとる行動は、そこから離脱して次の検索結果のサイトへ移動することになります。

ご自身でも経験があるかと思います。このように苛立ちを覚えて他のサイトへと移動してしまった経験が。

これ、非常にもったいないことだと思いませんか?

その時、ユーザーが見慣れた、情報が探しやすいサイトであったとしたら?

ユーザーは、そのサイト内で次のアクションを起こしているかもしれません。

そして、それは問い合わせであったり、資料請求であったりするかもしれません。

さて、あなたは何を優先されますか?

自己満足で終わってしまうホームページにならないように気をつけてください。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る