システム開発だけではなく、ウェブサイト(ホームページ)を制作した場合においても『保守契約』というものが存在するわけですが、時にはそれを非常に嫌がるユーザーもいます。

WEBのメンテナンス

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

多くの会社やお店には『ウェブサイト(ホームページ)』があると思いますが、それに対して『保守契約』はされていますか?

もしされていないのであれば損をしているかもしれません。

WEBの保守契約を嫌うと損をする

毎月、もしくは年単位で一括など、保守料を支払わなければいけないということを嫌うユーザーは結構います。

当然、お金を支出するわけですから喜ばしい話しではありませんが、その考え方は損をする可能性もあります。

何故?と思われた方、そのウェブサイト(ホームページ)は何のために制作してもらったのですか?

永遠に何も更新をしないつもりで制作してもらったのですか?

本来、ウェブサイト(ホームページ)は情報を更新していかないといけません。

これはSEO(検索エンジン最適化)対策を行っていなくてもです。

従って、制作してもらう時点でそれを育てていくことが前提だという認識を持った方が良いです。

知人が制作を受託したユーザーにこんな方がいました。

『毎月コンスタントに保守をしてもらうことがないので必要な時にスポットでお願いする。』

そして、必要になった時にはこうです。

『少しメンテナンスしてもらうだけなのに金額が高い。』

これ、その時のスポットメンテナンス料金は5,000円だったそうですが、全くもって高い料金ではありません。

年間保守契約をせず、必要な時だけスポットで依頼をするわけですから割高になるのは当り前の話しです。

(この会社の財政状態は相応に余裕がありました。)

そして、結果的にはベースに使われていたWordPressのアップデート更新(メジャーアップデート)すら行ってこなかったため、ある時アップデートが行えなくなってしまいました。

WordPressで使用しているデータベースがミスマッチとなってしまい、データベースを最新の状態にあわせない限りアップデートが行えなかったのです。

(WordPressはアップデート更新時にデータベースの更新を行うことがありますので、データベースもアップデート可能な状態にしておかないとWordPress本体のアップデートが行えなくなります。)

この後どうなったかはご想像にお任せしますが、ウェブサイト(ホームページ)であっても保守契約を嫌うとこのような顛末になってしまうこともあります。

いかがでしょうか?

保守契約を嫌うと損をするという意味がご理解いただけましたでしょうか?

人は工業製品の保守料は平気で支払う割には人の作業に対しては対価を支払うことを嫌がる傾向にあります。

物が存在しないからです。

しかし、自社内で解決できず外部に依頼せざるを得ないのであれば仕方のないことではないでしょうか。

ご自身が逆の立場であればきっと同じことを思われるはずです。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る