2019年1月23日、Apple製品である『iOS 12.1.3』、『macOS 10.14.3』、『watchOS 5.1.3』、『tvOS 12.1.2』が公開されました。

Apple製品

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

今日はiOSやmacOSなどの脆弱性情報をお伝えします。

iOSやmacOSなどの脆弱性対策アップデート

先週の23日、Appleの各OSのアップデート版がリリースされました。

まず、影響を受ける対象は以下の通りとなります。

・iOS 12.1.3 より前のバージョン

・macOS Mojave 10.14.3 より前のバージョン
・macOS High Sierra (Security Update 2019-001 未適用)
・macOS Sierra (Security Update 2019-001 未適用)
・tvOS 12.1.2 より前のバージョン
・watchOS 5.1.3 より前のバージョン
・Safari 12.0.3 より前のバージョン
・iCloud for Windows 7.10 より前のバージョン

そして、上記のApple製品において想定される影響は各脆弱性により異なるようですが、次のような影響を受ける可能性があるとされています。

・サンドボックス回避

・任意のコード実行
・権限昇格
・情報漏えい
・情報改ざん
・サービス運用妨害 (DoS)
・任意のスクリプト実行

一部では、『iOS』において前回バージョンの際に起きていた『通信回線につながらない』不具合が未だ残っているという情報もありますので暫く様子見した方が良いとも言えますが、周りの方の状況などを情報収集し、可能であればできる限り早めにアップデートされた方が良いと思われます。

ちなみに、私のiPhone xsは『iOS 12.1.3』にアップデートしても通信障害は起きていません。

他の方のiPhone 7も『iOS 12.1.3』へのアップデートにて問題は確認されませんでした。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る