Webアクセスに使われるプロトコルであるHTTP(Hypertext Transfer Protocol)は、新たに『HTTP/3』が登場することになりそうです。

HTTP/3 (HTTP over QUIC)

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

現在、Webアクセスのプロトコルは『HTTP/1.1』と通信効率を改善した『HTTP/2』が使われていますが、近い将来、『HTTP/3』が登場し、さらに効率化されたものとなりそうです。

HTTP/3の登場で効率化されるWEB

まず、現状使われている『HTTP/1.1』や『HTTP/2』は以下のように動作しています。

<HTTP/1.1>

・基本的には1回のリクエストで1回のレスポンスを返す

・主にTCPを使う

・リクエスト数などによってはレスポンスが重い

<HTTP/2>

・1回のTCPコネクションで複数のリクエストを通信し、並列処理を可能にしているためHTTP/1.1と比べWebサイトのパフォーマンスが向上する

・実質的にはHTTPS(SSL/TLS通信)であるため安全性も確保される

そして、新バージョンとなる『HTTP/3(HTTP over QUIC)』は以下のように改善されるようです。

<HTTP/3(HTTP over QUIC)>

・TCPではなくUDPを使うため効率的な通信が行える

・TLS1.2より効率の良いTLS1.3を使った暗号化となる

このように改善されます。

(詳細にはもっとあると思います。)

TCPではなくUDPを使うことに対してセキュリティ的に疑問視する方もおられるようですが、その部分は新たに採用される『TLS1.3』などにおいて安全性にも優れいていることがテストで証明されているようです。

安全性が保持され、さらにパフォーマンスが向上するのであれば非常にありがたい話しです。

今、モバイル通信が『5G』へと進化しようとしていることもあり、Webにおいても早い段階で『HTTP/3(HTTP over QUIC)』が導入されることに期待ができそうです。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る