人間は、情報を受け取る割合(五感の働き)として8割以上を視覚から得ています。

当然ながら、ウェブサイトづくりにおいても視覚から得た時の感覚は重要なのです。

カラーマーカー

皆さん、こんにちは。

業務コンサルタントの高橋です。

ウェブサイト制作を行っている方であれば十分意識はされているかと思いますが、

ウェブサイトづくりにおいて『色』というのは非常に重要な要素の1つです。

例えば、青色の食べ物を見て美味しそうに感じるでしょうか?

おそらく、たいていの人は美味しそうに感じないはずです。

『色』というのは、人に与える印象として非常に重要な役割を担っており、

各企業においてもコーポレートカラーと言われる『色』が存在します。

三菱東京UFJ銀行は『赤』。

これは、銀行の看板が遠くからでもよく目立つといったこともありますし、

お客様一人ひとりに向き合っていく情熱を表した『色』でもあります。

逆に、みずほ銀行は『青』。

これは、信頼・誠実・ワールドスケール・クオリティをイメージされています。

弊社も同じ『青』をコーポレートカラーとしています。

細かく言えば、『サファイアブルー』です。

これにも当然意味がありますが、ここでは割愛させていただきます。

まとめとして、訪れてくださった方がどのようなイメージをもつか?によって、

その後の展開が左右されることもあります。

これはウェブサイトに限らず、実店舗などでも同じことが言えます。

その中の1つの要素として、『色』に関して少し考えてみてください。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る