Windows10のアップグレード後に何らかの問題が発生することがあるというお話しは先日させていただきましたが、その他にも、普通にアップグレードすると一部の機能が動作しないケースがあったりもします。

(先日の記事はこちら⇒Win10アップグレード後の障害

しかし、どうしてもWindows10にアップグレードしたい場合はいくつかの方法があります。

windows10

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

Windowsの保守サポートを少しでも長く受けたいということを考えると、Windows10を無償アップグレード期間中に何とかしたいという気持ちはわかります。

そこで、Windows10のアップグレード方法を複数ご紹介します。

アップグレードボタンから行う

通常、Windows7 SP1やWindows8.1を使っている場合、ステータスバーの右側にWindows10のマークが出ます。

それをクリックし、アップデートしていくのが一番簡単な方法で、何も問題が起きていない方はこの方法でアップグレードを完了させているかと思います。

メディアクリエーションツールを使う

マイクロソフト社のウェブサイトからメディアクリエーションツールというものをダウンロードし、そこからアップグレードを行う方法があります。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

しかし、通常のアップグレードにてうまくいかなかった場合、この方法でもうまくいかない可能性が高いかもしれません。

クリーンインストールを行う

前述したメディアクリエーションツールには、他のPCにインストールするためにイメージディスクを作成する選択肢があります。

それを選択し、DVDにWindows10のイメージディスクを作成します。

このWindows10のイメージディスクでパソコンを起動させてクリーンインストールを行います。

この方法が一番確率が高いとは思いますが、旧Windowsにて使っていたアプリケーションやデータは全て消えてしまいますので、アプリケーションはインストールし直し、データはバックアップを再度戻すという手間は必要になります。

注意しなければいけないこと

どのバージョンのWindowsでも同じことが言えますが、購入時のバージョンから新しいものにアップグレードするのはユーザー責任において行わなければいけません。

不都合が生じてもメーカーを頼ることはできませんので、そこは予め承知した上で行うことが前提となりますのでご注意を。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る