今年(2016年)の7月29日まで、Windows7やWindows8・Windows8.1からWindows10に無料でアップグレードできる期間が設けられていますが、無料アップグレード実施後にいくつかの問題にぶつかるケースが発生しており、既に何件かのご相談を受けております。

アップグレード

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

Windows10への無料アップグレード、アップグレードが可能なパソコンを使っている人にとっては延命という意味などで結構魅力のある話しではあるのですが、単純にアップグレードするだけと思ってやってみたものの、完了後にいくつかの問題にぶつかり、手に負えずご相談をいただくケースがあります。

DVD(ブルーレイ)ドライブが認識しない

問題が発生したケースで一番多かったのは、DVD(ブルーレイ)ドライブが認識しないケースです。

これは、旧バージョンのWindowsからWindows10への情報の引き継ぎがうまく行かないことで起こる現象と推察されます。

この、DVD(ブルーレイ)ドライブが認識しない問題の修復方法として、デバイスのドライバーをアップデートして直ってしまうケースもあれば、デバイスをWindows上から削除し、再度スキャンを行うことで復旧するケースや、Windowsの設定情報が書かれているレジストリというものを修正しないといけないケースまであったりします。

しかし、Windowsの設定情報が書かれているレジストリは通常では見ることすらありませんので、安易に素人が手を出すのは危険で、最悪はWindowsそのものが動作しなくなってしまうこともあり得ますので、その場合はパソコン修理などを扱っている業者に依頼することが無難と言えます。

メールソフトが起動しなくなる

あるお客様ではメールソフトが起動しなくなるケースもありました。

このケースはアプリケーションの引き継ぎがうまく行かず、ユーザー権限が外れてしまっていたことで起きており、メールソフトの削除、不要なレジストリ情報の削除、メールソフトの再インストールにて復旧しました。

新しいアプリが正常に動作しない

その他、Windows10のタイルメニューに組み込まれている天気予報やニュース、ファイナンス情報などのアプリケーションが起動直後に落ちてしまうケースもあります。

このケースは情報の引き継ぎなどがうまく行かなかったわけではなく、新しいアプリケーションが正常に組み込まれなかったケースと推察され、Windowsの修復コマンドを使っても修復されないこともあります。

また、アプリケーションの削除と再インストールでも現象は変わらず、Windows10をインストールし直さなければいけなかったりします。

まとめ

どのケースにおいても言えるのは、やはり相応のリスクはあるということです。

どうにも対処できなかった場合、アップグレード後1ヶ月までは元の状態に回復(Windows10へのアップグレード前:旧Windowsの状態)することは可能ですが、忙しさのあまりその期間を過ぎてから障害の相談をされる方もおられます。

その場合、旧Windowsでのフルバックアップと復旧ディスクがあればデータとともに復元可能ですが、そうでなければWindows10にて何とか対処するか、必要なデータを別のハードディスクに移動させ、旧Windowsをインストールし直し、アプリケーションを全てインストールし直しする手間などが待っています。

業務のことを考えると、アップグレードしてみて何か問題が発生しているならば直ぐに元の状態に回復させるか、パソコン業者に問題個所を修復依頼することが賢明でしょう。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る