WordPress 5.0″Bebo(ベボ)”』がリリースされてから1ヶ月強、一昨日、WordPress 5.0.3がリリースされました。

そして、2月には『WordPress 5.1』がリリースされる予定です。

WordPress 5.0.3 と 5.1 以降

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

WordPress 5.0″Bebo(ベボ)”』がリリースされたのは先月の頭ですが、今回、3回目のマイナーアップデートがありました。

そして今後、WordPressのサーバー要件に変更が出てくる可能性があります。

WordPress 5.0.3 メンテナスリリース

前回の『WordPress 5.0.2』に続き、今回の『WordPress 5.0.3』もバグ(不具合)修正の『メンテナンスリリース』ですが、37のバグ(不具合)修正と7のパフォーマンス修正が行われていますのでアップデートがお勧めです。

内容的には、

・テーマ『Twenty Nineteen』のブロックエディタ関連の修正と改良

・ブロックエディタの国際化に関する修正

・JavaScriptが無効のユーザーがブロックエディタを使用しようとした際の通知

・PHPエラーの修正

・CSVファイルなどのアップロードに関する修正

といった感じとなっています。

特別な理由がない限りアップデート更新をしておくことが良いでしょう。

WordPress 5.1 以降の展開

次に今後の情報に関してです。

1つは、今後のWordPressにおいて『サイトのヘルスチェック』が行われていくようです。

これは、サイトの安定性とパフォーマンスに関するもののようで、段階的に組み込まれていく予定をしているとされています。

そして、その最初の段階は2月にリリースされる予定の『WordPress 5.1』に含まれるとされています。

もう1つは、今年の4月あたりにWordPressのサーバー要件が引き上げられるようです。

現在、WordPress 3.2系以降においては『PHP 5.2.4以上』が最低要件となっていますが(推奨はPHP 5.6以上)、『PHP 5.6以上』が最低限必要とされるように変更されるようです。

この変更に備えてもらうため、『WordPress 5.1』において警告表示を行うようになるとされています。

最近では『PHP 7』が使えるサーバーも多くなっていますので、この機会に『PHP 7』への対応を検討されることがお勧めです。

パフォーマンスが全く違いますから。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る