ウェブサイト構築によく使われるWordPressなどのCMS(Content Management System/コンテンツマネジメントシステム)、これらは常にサイバー攻撃のターゲットとなっているという認識はありますか?

ターゲット

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

今年の2月、155万以上ものWordPressサイトが改ざん被害にあいました。

参照:WordPressの改ざん被害発生

これらの攻撃を受けてしまうリスクは、どのWordPressサイトにおいても常に存在しています。

WordPressは常に狙われている

ここ最近、この業務改善コンサルティング情報ブログにも狙われた痕跡がありました。

(現状はトルコ、ロシアから。)

とは言っても、ごく一般的なWordPressサイトに対するスキャンではります。

このようなことは、どのWordPressサイトにおいても起きています。

何故か?

攻撃者によって、悪用可能な脆弱性のあるWordPressサイトを常にスキャンしているからです。

WordPressを被害から守るには

WordPressなどのCMS(Content Management System/コンテンツマネジメントシステム)を使っている以上、脆弱性とは恒久的に付き合っていかなければいけません。

システムというのはそういうものでもあります。

そして、常に攻撃対象となってしまうことからは逃れられません。

これらのサイバー攻撃からWordPressサイトを守るには、WordPress本体、プラグイン、どちらも最新バージョンを維持し続けることです。

WordPressなどのアップデート(バージョンアップ)には、機能向上もあればセキュリティ更新もあります。

Windowsのアップデートと同じです。

カスタマイズによってWordPressがアップデートできないサイトの場合は、WAF(Web Application Firewall/ウェブアプリケーションファイアウォール)などを使って保護してください。

不正アクセスをブロックしてくれます。

ただし、これはWordPressがどうしてもアップデートできない状態にある場合の代替案であって、基本は最新を保つことです。

※ 完全には守り切れません。

より良い方法としては、どちらも行う(WordPressなどを最新の状態に保ちながらWAFなどでも保護する)ことが望ましいでしょう。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る