ドメイン認証『DMARC』への対応について

お客様各位

この度弊社では、なりすましメール対策の強化として送信者アドレスを偽装したメールの判別が可能となるドメインベースのメッセージ認証『DMARC (Domain-based Message Authentication, Reporting and Conformance)』を導入することにいたしました。

これにより、trilogyforce.com宛のメールを受信した場合の検証結果はメールヘッダーに付与され、送信者アドレスの偽装の判別が可能になります。

また、trilogyforce.comからメールを送信する場合、DMARCでの検証に必要な情報をtrilogyforce.comのメールサーバ上で公開することで、trilogyforce.comドメインを詐称したメールを他社メールサービスで検知することができます。

※ただし、当面の間DMARCポリシーのアクション運用は行わず、様子を見ながら状況に応じて段階的な引き上げを行う可能性があります。

【DMARCとは】

従来のSPFやDKIMといった認証技術を利用し、詐称されたメールを受信側がどのように扱うべきかの方針をドメインの管理者が宣言するための仕組みです。

DMARC

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る