先月リリースされたWindows10の最新バージョン『Fall Creators Update(Ver.1709)』ですが、CBB(Current Branch for Business)であってもCB(Current Branch)と同じようなタイミングでアップデートされてしまう可能性があります。

Windows 10 CBとCBB

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

以前の記事にて、『Fall Creators Updateへのアップデートは様子見した方が良い』ということをお話ししたかと思いますが、これ、アップデートのブランチをCBB(Current Branch for Business)にしていても4ヶ月アップデートが後ろにずれることが考慮されないこともあります。

では、何故そうなるのか?

CBBでも4ヶ月遅延しない理由

これ、マイクロソフトサポートに質問しても正確な答えは得られませんでした。

ただし、『Windowsの設定⇒Windows Update⇒詳細オプション⇒更新プログラムをいつインストールするか選択⇒CBB』がうまく機能していない可能性があります。

この場合、グループポリシーエディターにて、『コンピューターの構成⇒管理用テンプレート⇒Windowsコンポーネント⇒Windows Update⇒Windows Update for Business⇒プレビュービルドや機能更新プログラムをいつ受信するか』にて、準備レベルを『CBB』にしてみると良いです。

ここで設定した場合、レジストリエディター内にも正しく記述されますので、うまく機能していない場合は次回に備えてグループポリシーエディターを編集した方が良いかもしれません。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る