日本国内の企業などに、ある攻撃グループから『DDoS攻撃の停止と引き換えに金銭を要求するメール』が送られています。

DDoS攻撃

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は昨日、DDoS攻撃の停止と引き換えに金銭を要求する脅迫メールを受け取った企業などの報告が複数出ていることを公表しました。

これは数ヵ月前にも類似のものがあり、JPCERT/CCでは注意喚起を行っています。

DDoS攻撃のおさらい

DoS攻撃とは、サーバの負荷や通信量を増加させ、サーバのサービスを低下させることを目的とした攻撃のことを言い、DDoS攻撃とは、DoS攻撃をさらに悪質化させ、攻撃元を分散させたもののことを言います。

この攻撃元を分散したDDoS攻撃は最も防御が難しい攻撃と言われており、今までに多くのサーバが被害にあっています。

DDoS攻撃への対応策

こういったDDoS攻撃は攻撃元が分散していることもあり、対策が講じにくいものではあります。

しかし、何も行わないわけにはいかなくなりますから、次にことを行ってみると良いです。

1.DDoS攻撃が発生した際の対応を再確認しておく

2.管理しているサーバやルータなどが踏み台とならないよう、適切な設定を行う

3.海外からのアクセスを拒否してしまう

  ただし、これは日本国内向けだけをサービス対象としている場合に限ります。

4.同一IPからのアクセス回数を制限する

  場合によっては拒否する

といった感じになります。

また、以前お伝えした通り、DDoS攻撃はIoT機器全体が踏み台にされる可能性があります。

これらを踏まえ、予めIoT機器に対して適切な設定を行っておかなければいけません。

意識の欠如がさらなる被害を生む、つまり他へ迷惑をかけることにもなります。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る