先日の記事、『Creators Updateは様子見せよ』に書いた、Windows10 前バージョンへロールバックができない件に関して、ロールバックができるようになりました。

削除

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

先日の記事に書いた、Windows10 Creators Updateにおいて前バージョンにロールバックができない件が一応解決しました。

今日はそれをお伝えします。

Creators Updateからロールバックできない

1つの事例としてですが、Windows10 Creators Updateにアップデートした際、そのPCにMicrosoft SQL Server 2016がインストールされているとWindows10の前バージョンにロールバックができません。

理由は、SQL Server 2016から導入されたらしいフィードバック情報のためのユーザー、SQLTELEMETRY$インスタンス名が自動作成されてしまい、それが原因でロールバックできない状態になります。

新規でアカウント追加がされているため、それを削除してからロールバックを行う旨のメッセージが出てしまいます。

また、このSQLTELEMETRY$インスタンス名用のユーザーフォルダがユーザーフォルダ(Users)直下に作成されますが、単純には削除ができません。

そして、Windows10 Creators Updateにアップデートした後、新規でMicrosoft SQL Server 2016をインストールした際にも同じ現象となります。

SQLTELEMETRYユーザーの削除法

では、どのようにしてロールバックできる状態にしたのかをご説明します。

1.タスクマネージャーにあるサービスタブをクリックし、SQLTELEMETRY$インスタンス名(SQL Sever CEIP service)が実行中になっていますので、それを停止させます。

2.ユーザーフォルダ(Users)内にあるSQLTELEMETRY$インスタンス名のフォルダを削除します。

この2つの作業でWindows10 Creators Updateから前のバージョンにロールバックできるようになります。

ただし、これは非公式な方法ですので、正しい方法であるかは不明です。

行われる場合は自己責任において行ってください。

また、SQL Server Management Studioにて確認した場合、同じSQLTELEMETRY$インスタンス名のユーザーは存在しますが、こちらは何もする必要はありません。

このSQLTELEMETRY$インスタンス名のユーザーは、停止させているサービスを再度開始させて実行中にし、暫くすると再度作成されます。

再作成されない場合はTEMPというユーザーフォルダができあがりますが、この場合においては削除しなくてもロールバックは可能です。

上記の情報は私が模索した結果です。

先日の記事にてWindows10 Creators Updateは当面様子見をした方が無難であることを書きましたが、使用上問題が起きていないのであればあえてロールバックさせる必要もないかと思います。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る