正月明け早々に発表された『CPUの脆弱性問題』に関して不具合が確認されています。

これに対して米Intel(インテル)は、パッチの導入中止を呼び掛けています。

中止

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

この1月、結構Intel(インテル)のCPU脆弱性問題で翻弄されています。

各メーカーを通じてリリースされている脆弱性対応パッチの導入中止を、メーカーやユーザーに呼び掛けているのです。

CPU脆弱性対応パッチの導入は一時中止を

『Meltdown(メルトダウン)』と『Spectre(スペクター)』のCPU脆弱性問題を受けて、1月上旬にメーカーなどを通じて順次修正パッチがリリースされていますが、今度はこのパッチが原因でリブート(再起動)が増える不具合が報告されています。

この不具合を受けて、Intelは脆弱性対応パッチの導入を中止するよう、メーカーやエンドユーザーに呼び掛けています。

一般消費者の大半はCPUの脆弱性問題を把握していないことの方が多いでしょうが、事業者の場合はある程度把握し、脆弱性対応パッチの適用を行ってしまったところもあるでしょう。

何ともし難い話しですが、まだ脆弱性対応パッチの適用を行っていない事業者の方々、暫くの間はパッチの適用をせず、新しい情報入手に備えることの方が無難と思われます。

※ 今回の脆弱性対応パッチは、PCメーカーなどを通じて配布される『ファームウェア』のことを意味しています。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る