JPRS(株式会社日本レジストリサービス)とは、トップレベルドメイン『.jp』の登録・管理を行っている会社で、元々はJPNIC(一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター)が行っていた管理業務を移管し、その業務を行っている組織です。

SSL(サーバー)証明書

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、ネットワークやインターネット関連の携わっている方なら誰でも知っている『JPRS』ですが、ドメインの管理だけではなく、実はHTTPS化に必須なSSL(サーバー)証明書の発行サービスも行っています。

今日はそれに関してお伝えします。

HTTPS化にJPRSのSSL証明書を使う

今やWebのHTTPS化は必須ともなってきており、それを行うにはSSL(サーバー)証明書が必要になります。

どうせHTTPS化を行うのに必要ならばイメージの良いところのものを使いたい。

しかし、できることならば安価なものがありがたい。

そんな事業者の方には『JPRS』のSSL(サーバー)証明書が良いかもしれません。

取り扱い事業者(指定事業者)を通じての購入になりますが、証明書の申請者が証明書に記載のドメイン名について登録者または管理者であることを証明する『ドメイン認証型』であれば、一番安い取り扱い事業者で972円/1年(税込)という安さでサイトシール(日本語、英語の2言語対応)もついています。

さらに、ルート証明書は『SECOM(セコムトラストシステムズ)』が運営しているため安心度も高いものになります。

HTTPS化に伴って高い信頼性などのイメージ的なアピールをされたい事業者の方には非常にお勧めなSSL(サーバー)証明書です。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る