有名どころを騙った『フィッシングメール』は日々出回っていますが、ここ最近では、『PayPal』、『Amazon』、『ゆうちょ銀行』、『LINE』などを騙ったものが拡散されています。

Amazonを騙るフィッシングメール

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

ここ最近、少々しつこい『フィッシングメール』が複数拡散されていますので、今日はそれをお伝えします。

AmazonやLINEを騙るフィッシングメール

ここ最近で多く見受けられる『フィッシングメール』の中でも、『Amazon』に関するものの大半は中国からのものでした。

しかも、日本の中堅どころのレンタルサーバを経由しているものも複数見られました。

それらのレンタルサーバには『お試し期間』が設けられているため、それを利用していると推察されます。

また、『Amazon』を騙るものは複数拡散されており、

・『「緊急の通知」Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!』

・『アカウント情報検証を完成してください。』

・『これは、カードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。』

・『あなたの口座を24時間更新してください』

・『Amazon. co. jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認』

・『Amazon Services Japan重要情報についての通知』

・『Amazon Services Japanアカウントを更新する最後の警告メール』

などの『件名』のものが見受けられます。

その他、『PayPal』、『ゆうちょ銀行』、『LINE』を騙る『フィッシングメール』は以下の『件名』のものがあります。

『PayPal』:『[大切] PayPal アカウントでの不審なログインアクティビティ-ケース』

『ゆうちょ銀行』:『ゆうちょ銀行からのご連絡』

『LINE』:『LINE【重要情報】』、『[LINE緊急問題] 』

どれも『フィッシングメール』ですので、間違ってもリンク部分をタップやクリックをしないようご注意ください。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る