ウェブサイトの高速化を行う上でレンタルサーバのスペックは非常に重要です。また、共用サーバであればどれくらいのユーザー数で制限を設けているのかも重要です。

それらを満たしているのであれば、高速化は他のことを考えるしかありません。

高速

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

業務改善のためのコンサルティング情報ブログでも何度か取り上げさせていただいていますが、今後、スマートフォンサイトを含めたウェブサイトの表示スピード向上はある一定レベルにおいての課題となります。

それらを考え、Google社が提供しているPageSpeed Module、『mod_pagespeed』を使うことは非常に有効な手段となってきます。

mod_pagespeedとは

このmod_pagespeedとは、ウェブサーバであるApacheのモジュールとして動作してくれ、画像の最適化やキャッシュ、JavaScriptやCSSなどの最適化を自動的に行ってくれることで表示スピードが速くなる優れものです。

つまり、自身であれこれチューニングを施すことをほとんど必要としないのです。

例えば、WordPressを使っている人であればプラグインなどを使って高速化を図ったり、html、JavaScript、CSSなどをキャッシュさせる工夫をしたりしますが、このmod_pagespeedはそれを自動的に行ってくれるのです。

しかし、残念ながらApacheのモジュールとして動作するものですので当然ながらレンタルサーバの環境にインストールされていなければ使えません。

mod_pagespeedが使えるレンタルサーバ

私が把握している限り、比較的安価に利用できるレンタルサーバの中では唯一『XSERVER』だけがmod_pagespeedを利用することができます。

難しい設定は必要なく、ただスイッチをONにするだけです。

もちろん、PHP7.0.xのFastCGI版を使えます。

私はXSERVERのユーザーではないですから宣伝する必要性はないのですが、前述の通り私が把握している限りはここしかないのでご紹介しているわけです。

お試し環境でテストさせていただきましたが圧倒的なスピードですので、オートマチックに済ませたい方もそうでない方も是非お勧めです。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る