米Microsoft(マイクロソフト)は6月13日(米国時間)、6月の月例セキュリティ更新プログラムを公開しました。

Windows XP

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

日本時間の今日、6月14日、Microsoft(マイクロソフト)が月例セキュリティパッチをリリースしたわけですが、そこには既にサポートが終了しているものも含まれていました。

Windows XPなどへのセキュリティ対応

5月に発生したサイバー攻撃『Wanna Cry』のことを覚えていますでしょうか?

その際、Microsoft(マイクロソフト)は異例の対応を行いました。

Windows XPなど、既にサポートが終了しているWindows OSへのセキュリティ対応を行ったのです。

そして、以下のことを理由に、6月の月例セキュリティ更新においても追加提供の措置が行われました。

米国家安全保障局(NSA)から流出したとされるハッキングツールに起因する悪用のリスクが高まっている脆弱性に対処するため、重大なセキュリティアップデートを追加提供する措置をとっている。

古いプラットフォームのユーザーは、できるだけ早くこれらのアップデートを適用することをお勧めする。

Windows XPなど古いプラットフォームの場合は、ダウンロードセンターやUpdate Catalogから入手できる。

サポートが終了しているWindows XPなどというのは、具体的には以下が対象です。

・Windows XP
・Windows Vista
・Windows 8
・Windows Server 2003 or Windows Server 2003 R2

参照:マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 4025685: 古いプラットフォームのためのガイダンス: 2017 年 6 月 13日

※ サポート対象のOSは通常通りWindows Updateにて更新できます。

ただし、以下のようなこともコメントされています。

最善の防御策は、最新の防御革新を組み込んだ最新のシステムにすることです。

古いシステムは、最新のセキュリティ機能と高度な機能が欠如しています。

Windows XPに関しては、システム改修に絡む問題などから交換用のXPマシンをストックしている企業すらありますが、リスクを考えると、できる限り早い段階において新しいOSに切り替え、安全な状態で運用ができることを願いたいものです。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る