Webカメラの制御が急におかしくなってしまった。アクセスはしているようだが正常に機能していない。いったい何が影響しているのだろうか?

Webカメラ

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

最近では、パソコンに標準でWebカメラが搭載されたものも多くなりましたが、そのWebカメラの動作が急におかしくなってしまったケースが最近ありましたのでご紹介します。

Webカメラの制御がおかしくなった理由

AさんのパソコンにはWindows10が搭載されており、Webカメラもそれに対応したものが付いています。

しかし、ここ数日で急にWebカメラのアクセス制御がおかしくなってしまったのです。

その原因はズバリ、セキュリティソフトのバージョンアップを行ったことが原因でした。

最近のセキュリティソフトでは、パソコンに不正プログラムを設置されてしまった際のWebカメラへの遠隔操作などの対策として、Webカメラへのアクセス制御をセキュリティソフトに搭載しているものが出てきています。

その設定の一部が、セキュリティソフトのバージョンアップ時に『アクセス禁止』となってしまっていたことによって正常な動作をしなかったというものです。

しかし、これは『アクセス許可』の状態にしてあげることであっさり直ってしまいます。

もちろん、Webカメラが動作しなくなる原因はこれだけではありませんが、今回のケースはセキュリティソフトのバージョンアップによるものでした。

ネットワーク保護機能への推察

Webカメラへのアクセス制御とは別に、昨今のボットネットなどへの踏み台対策としてネットワーク保護機能を新たに機能追加しているセキュリティソフトもあります。

これらに対しても想定できるのは、ネットワークにつながっているデバイスへのアクセス制御が設定されてしまっていることでアクセス不可になることが考えられます。

このような場合、前述のWebカメラへのアクセス制御同様、セキュリティソフトの設定を見直し、アクセスを許可してあげることによってあっさり解決してしまうこともありますので、焦らず一度設定を見直してみてください。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る