2015年11月に提供を開始した『Windows10 November Update』で知られる『Windows 10 version 1511』のサポートが終了しました。

Windows10 November Update Ver.1511 サポート終了

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

先日はWindows VistaとOffice 2007のサポート終了をお伝えしましたが、今日は『Windows10 November Update/Version 1511』のサポート終了をお伝えします。

Windows10をCreators Updateに

2017年10月10日、『Windows10 November Update/Version 1511』はサポートが終了したためセキュリティアップデートが配信されなくなります。

これにより、Windows10を最新の『Windows10 Creators Update/Version 1703』に更新することが強く推奨されています。

例のごとく、セキュリティアップデートが提供されなくなるということは脆弱性に対する修正を受け取ることができませんので、リスクを負って使用しなければいけなくなります。

おそらく1週間後には次のバージョンである『Windows10 Fall Creators Update/Version 1709』がリリースされるでしょうが、それは様子見するとしても現状は『Windows10 Creators Update/Version 1703』へのアップデートは行っておくべきでしょう。

大半の業務においてはWindowsを使っての作業になるかと思いますが、Windowsを使い続ける以上、Microsoft(マイクロソフト)の方針を避けることはできません。

また、MicrosoftではWindows10においてもサポートサイクルを公表していますので、必要に応じてテスト機などにてアプリケーションの稼働確認を早い段階にて行い、サポート終了までには切り替えが行える体制を作ることも必要です。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る