iPhoneやiPadのiOSデバイスにおいてモバイルデータ通信を使っている場合、目に見えないところでパケット(データ)通信が消費されていることをご存知でしょうか?

iOS システムサービス設定

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

iPhoneやiPadでは結構『Wi-Fi(無線LAN)』で通信するようにしているのに、何故かデータ通信が多く消費したことになっている。

しかし、それにも当然理由があります。

では、何故そのようなことになってしまうのか?

iOSでパケットを消費するものとは

iOSで大きく通信量に影響してしまうものとして、『位置情報サービス』があります。

(設定⇒プライバシー⇒位置情報サービス)

これを『オン』の状態にして使用している場合に『パケット(データ)通信量』が増えます。

中でも、『システムサービス』の中にあるすべての項目が『オン』になっている場合には結構なパケット(データ)通信量となります。

(位置情報サービスの中にある『システムサービス』をタップすると『HomeKit』、『iPhoneを探す』、『Wi-Fiネットワーク』など複数の項目が出てきます。)

基本的には位置情報サービスを使わないのであれば位置情報サービスを『オフ』にしてしまえば良いのですが、有事の際などに備えてそれをオンにしている場合、まずは必要最低限のものだけを『オン』にし、使わないものに関しては『オフ』にしておくことがお勧めです。

これは各アプリケーションごとの位置情報の許可設定に関しても同じです。

例えば、『AppStore』に関しては『許可しない』とか、『iPhoneを探す』を『使用中のみ』とするとかです。

これらのものを判断する材料としては、『モバイル通信』の中にある各アプリケーション別のデータ通信量を確認し、多いものに対して使い方を検討すると良いです。

(設定⇒モバイル通信)

判断しづらい場合は、一度『統計情報のリセット』を行い、1ヶ月程度計測してみると良いです。

また、『位置情報サービス』の『オン・オフ』に限らず、どうしてもアプリケーションがパケット(データ)通信を消費してしまうものもあります。

アプリケーションを起動していなくてもです。

その場合、『Wi-Fi(無線LAN)』でしか使用しないものであれば『モバイル通信』の設定で『オフ』にすることを検討してみても良いでしょう。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る