WordPress(ワードプレス)などでよく使われるプラグインは、そればかりに頼り

過ぎるとウェブサイトそのものに問題が発生する場合があります。

問題

皆さん、こんにちは。

業務コンサルタントの高橋です。

WordPress(ワードプレス)などを使ってウェブサイトを構築する際、便利な

プラグインを使ったりするのはよくある話しです。

しかし、あまりそれにばかり頼り過ぎるとトラブルになってしまうケースも

あります。

例えば、ウェブサイトの表示スピードを速くするために、JavaScript・CSS・

htmlを圧縮して高速化を図るプラグインがありますが、これもそのまま使って

しまうことによって表示が崩れてしまったり、ウェブサイトの一部が表示

されないことがあったりします。

これは、プラグインそのものの問題であったり、ウェブサイトに組み込んでいる

コードの書き方の問題であったりしますが、そもそもこの程度のことくらいなら

最初から自分で圧縮したものを使った方が無難とも言えます。

また、プラグインが増えれば増えるほど、セキュリティ面でのリスクも増加

することになります。

理由は、それぞれのプラグインで脆弱性を含んでいる可能性があるからです。

更に、プラグインは使えば使うほど、そのウェブサイトは重たいものとなり、

表示スピードが遅くなる原因にもなります。

WordPressなどのツールを使ってウェブサイトの構築をする場合、プラグインは

最小限にとどめ、使っているプラグインはWordPress本体と同様に最新の状態を

保つことをお勧めします。

    この記事が参考になりましたらシェアしてください

    この記事を書いた人

    • 業務コンサルタント高橋進伍
    • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
    • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
    • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

    Sponsored

    関連記事

    Comments

    " data-numposts="5">

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    お問い合わせ

    お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

    ページのトップへ戻る