先週、GoogleのウェブブラウザChromeの最新バージョンであるChrome62が正式にリリースされました。

そして、いよいよこのGoogle Chrome62からこれが本格化します。

Google Chrome 62 保護されていません

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

先週、とうとうGoogle Chrome62が登場しました。

以前からこのブログでもご紹介していた通り、このChrome62から以下のことが起きてきます。

Chrome62から変わる警告表示

まず、入力フォームのあるページがHTTPSになっていない場合、入力項目に何か1つでも文字などを入れた段階で『!保護されていません』の警告表示がアドレスバーの先頭に出ます。

これは、お問い合わせフォームや検索フォームなど、すべてのフォーム入力において影響が出ます。

ただし、入力フォームに何も入力していない状態、つまりページにアクセスしただけの状態では警告表示は出ません。

また、シークレットモードにてホームページにアクセスした場合、入力フォームの有無にかかわらず、すべてのページがHTTPSになっていない場合は『!保護されていません』の警告表示がアドレスバーの先頭に出ます。

安全な接続はオーナーからの提供

このような施策はユーザーを守る観点からのものですが、アクセスする側のユーザーとしては自身で該当のホームページを安全にすることはできません。

従って、サイトオーナーである側がそれを提供してあげなければいけないということになります。

会社として、お店としてなど、仕事上のアナウンスとしてホームページを公開しているサイトには必ずと言っていいほどお問い合わせフォームが存在します。

このような業務用のホームページにおいて『!保護されていません』という警告表示が出てしまうことは、イメージや信用の低下、お問い合わせの減少などにもつながってしまいます。

今、日本におけるHTTPS化の比率も55%ほどに上がり、以前と比べてかなりHTTPS化が浸透してきています。

自社(自店)のホームページサイトをまだHTTPS化していない事業者の方、早急にHTTPS化を行われることをお勧めします。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る