Windows10には、常に最新の機能が提供されるサービシングモデルであるCB(Current Branch)と、少し遅れて新機能が配信される、ビジネス向けのCBB(Current Branch for Business)というものがあります。

機能の更新を延期する

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

プライベートでWindows10を使っている場合であればまだ良いのですが、ビジネスでWindows10を使っている場合においては業務系ソフトなどとの互換性テストも行わないままWindowsが勝手にアップデートされてしまうのは少々困りものです。

そんな時は、Windows10のアップデート機能を少し遅らせてあげることで対処することが可能です。

Windows10における機能更新の延期

前述のようなことから、Windows10のアップデートを通常より少し遅らせておきたいということがあります。

その場合、以下の設定を行うことで4ヶ月ほど、アップデートを遅らせることができます。

◎ Windows Updateの詳細オプションにて『機能の更新を延期する』にチェックを入れる

  スタートメニュー ⇒ 設定 ⇒ 更新とセキュリティ ⇒ Windows Update ⇒ 詳細オプション

この『機能の更新を延期する』にチェックを入れることによってサービシングモデルがCBからCBBに切り替わるため、リリースされた直後にアップデートされるのではなく、4ヶ月後から新機能の更新が適用されるようになります。

ただし、Windows Homeエディションにおいてはこの方法が使えません。

CBからCBBに切り替えを行うことができない仕様になっています。

(レジストリの値を直接変更すればおそらく可能にはなりますが、お勧めはしません。)

Windows10のアップデートを少し遅らせたい場合には上記の方法をお試しください。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る