理想のショップは作れる
“あなたのための” EC-CUBEできました

EC-CUBE 4は、EC-CUBE 3からのメジャーバージョンアップ版です。
前バージョンEC-CUBE 3より、フレームワーク構成がシンプルになり、パフォーマンスや機能カスタマイズ性が大幅に向上した他、スタイルガイドの整備、管理画面UIの改善、プラグインの安定化など、エンジニア・デザイナー・運営管理者・顧客すべてにとって“使いやすいEC-CUBE”を目指し開発された新バージョンです。

EC-CUBE 4

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

EC-CUBE 2系がリリースされたのが2007年、EC-CUBE 3系がリリースされたのが2016年7月、この2つの間には約9年程の期間があったわけですが、2018年10月、前回から2年強の期間でEC-CUBE 4系が正式にリリースされました。

EC-CUBE 4系が新たに登場した

EC-CUBE 4、前回のEC-CUBE 3の登場に比べるとかなり短い期間でメジャーバージョンアップ版がリリースされました。

EC-CUBEの開発ドキュメントにあるシステム要件を見てみると、PHPなどにおいては新しめのソフトウェア要件がありそうです。

      EC-CUBE 4系EC-CUBE 3系
Web ServerApache 2.4.x
(mod_rewrite/
mod_ssl必須)
IIS 8.x
Apache 2.2.x/2.4.x
(mod_rewrite/
mod_ssl必須)
PHP7.1~5.3.9~7.1.x
Database
MySQL
5.5.x/5.6.x/5.7.x
(InnoDBエンジン必須)
5.1.x/5.5.x/5.6.x/
5.7.x
(InnoDBエンジン必須)
Database
PostgreSQL
9.2.x/10.x
(pg_settingsテーブルへの参照権限必須)
8.4.x/9.x
(pg_settingsテーブルへの参照権限必須)
Database
SQLite(開発用途向け)
3.x3.x

機能面においては、EC-CUBE 3系と比べEC-CUBE 4系では以下のことが可能になっています。

<フロント機能>

1.商品一覧からカートに追加

2.カートの永続化機能

3.パスワード再設定

<管理機能>

1.売上状況グラフ

2.おすすめプラグイン

3.商品一括変更機能

4.タグ登録/編集

5.出荷CVS登録

6.対応状況一括変更

7.出荷メール一括送信機能

8.問い合わせ番号(出荷伝票番号)入力機能

9.配達用メモ登録機能

10.モバイル専用レイアウト設定

11.HTMLコードエディタ

12.マルチパートメール設定

13.プラグイン検索・インストール

14.プラグインハンドラ設定

このような感じになっています。

EC-CUBE 3系はあまり好評ではなかったのか、今回のEC-CUBE 4系の方がEC-CUBE 2系からのリニューアルといった感じも受けます。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る