2018年5月25日から、『EU一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)』、欧州経済領域(European Economic Area:EEA=EU加盟28カ国及びアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー)の個人データ保護を目的とした管理規則の適用が開始となり、これに伴って法的要件が求められることになります。

WordPress4.9.6 GDPR対応

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

米時間の5月17日(木)、『WordPress 4.9.6 Privacy and Maintenance Release』としてWordPressの更新版が公開され、WordPressも『GDPR』への対応が行われたようです。

WordPress4.9.6におけるGDPR対応

冒頭で書きました通り、来週末から『EU一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)』がはじまります。

『欧州経済領域(European Economic Area:EEA=EU加盟28カ国及びアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー)』向けに何らかのサービス提供を行い、そこから個人データの収集を行っている場合、それに関する対応が必要になります。

それに伴いWordPress4.9.6では、プライバシー関連の機能が追加されています。

1.ログアウトしたコメント作成者が、名前、メールアドレス、ウェブサイトをブラウザのクッキーに保存するかどうかを選択できます。

2.プライバシーポリシーページが指定できるようになっています(ログインページと登録ページに表示される)。

(サイトのすべてのページにプライバシーポリシーへのリンクを手動で追加する必要があります。)

3.ユーザーの個人データのエクスポート、ユーザーの個人データの消去機能が追加されています。

上記以外に関してはバグ(不具合)修正になっています。

今回のGDPR対応ですが、日本国内向けのウェブサイトでも使える機能かと思います。

注:WordPress 4.9.3を使っている場合は手動で更新する必要があります。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る