大手企業、中小・零細企業、小規模事業者を問わず大半で使用されている『infoアカウント』、その多くは大量の『スパムメール』の受け皿になっているだけかもしれません。

メール(ロールアドレス)

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、皆さんの会社にも『[email protected]』といった会社の代表用メールアドレスが設けられていると思いますが、それは有益なものとなっていますか?

それとも、百害あって一利なしなものとなっていますか?

infoアカウントなどはスパムの対象

『フィッシングメール』、『ウイルスメール』、迷惑な『営業・宣伝メール』などの多くは『[email protected]』などの会社の代表用メールアドレスに送られてくることが多くあります。

理由は簡単で、個人用のメールアドレスと違って『[email protected]』といったメールアドレスはどこの会社でも設けていることが多いからです。

しかし、この『[email protected]』といった会社の代表用メールアドレスに送られてくるものは『スパムメール』が大半を占めていませんか?

これ、そういった状態であっても設けていること自体は正しいとも言えます。

RFC(Request for Comments)というインターネット技術の標準的な仕様を記した文書において記述されているものでもあるからです。

インターネット上で電子メールの交換を行う組織は”少なくとも”組織内に存在する各機能に関しては対応するメールボックスを利用できるようにすることがとても望ましい。

(JPNIC / 一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター訳)

このようにです。

ただし、あくまでも『とても望ましい』とされているに過ぎません。

従って、『スパムメール』の受け皿にしかなっていないのであれば無くしてしまうことも一つと言えます。

残すという選択をされるのであれば、少し運用方法を再考してみると良いかもしれません。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る