Google(グーグル)は9月4日(米時間)、同社のWebブラウザ『Chrome』の最新安定版である『Chrome 69(69.0.3497.81)』をリリースしました。

Google Chrome 69

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

日本時間の今日、GoogleのWebブラウザ『Chrome 69』の最新安定版がリリースされました。

Chromeブラウザが公開から10周年ということもあり、今回はいくつかの新機能などが搭載されています。

Chrome 69リリースでの新機能

まず、最新版にアップデート後に直ぐに気付くものとして、デザインが変わっています。

なかなか感じの良いデザインで、随所に円の要素が出ています。

次に、ログインパスワードをChromeブラウザが自動生成するようになり、生成されたパスワードはGoogleアカウントに保存され、ツールバー上のアカウントアイコン内の『パスワード』で一覧できるようになっています(要設定)。

その他、検索クエリとURLの両方を入力する『Omnibox』において、検索内容次第では検索候補の表示のみで情報が得られるようになっていることや、Chromeブラウザのユーザーに名前とアイコンが設定できるようになり、ユーザーごとに管理することも可能です。

セキュリティ面においては40件ほどの脆弱性修正がされ、通信の暗号化が行われているHTTPS採用のWebページに対してはアドレスバーに表示される鍵マークが『緑色』から『灰色』になり、『保護された通信』の文字も表示がなくなりました。

通信の暗号化が行われていないHTTPページに関しては『保護されていない通信』として残っており、現状は警告文字が灰色の表示となっています。

10月リリース予定のChrome 70からは『赤色』での警告に変わる予定ですが、現状でも文字表示されるものは危険を伴うという認識に変わっている感じです。

ご参考までに。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る