Microsoft(マイクロソフト)は6月11日(米国時間)、6月の月例セキュリティ更新プログラムを公開しました。

このセキュリティ更新プログラムには深刻度が『緊急』のものが含まれていますので、早急なアップデートが望まれます。

2019年6月のセキュリティ更新

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

さて、今日はMicrosoft(マイクロソフト)からリリースされている月例パッチ(セキュリティ更新プログラム)に関してお伝えします。

(例によって深刻度『緊急』のものが含まれています。)

2019年6月のセキュリティ更新プログラム

前述の通り、今回の月例パッチ(セキュリティ更新プログラム)にも深刻度が『緊急』のものが含まれています。

脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃により任意のコードが実行されるなどの危険性がありますので、早急なアップデートが望まれます。

以下が今回のアップデート対象製品です。

・Adobe Flash Player

・Microsoft Windows

・Internet Explorer

・Microsoft Edge

・Microsoft Office、Microsoft Office Services および Web Apps

・ChakraCore

・Skype for Business および Microsoft Lync

・Microsoft Exchange Server

・Azure

また、深刻度が『緊急』のものには以下のものがあります。

・2019 年 6 月の Adobe Flash のセキュリティ更新プログラム

・Windows Hyper-V のリモートでコードが実行される脆弱性

・ActiveX Data Objects (ADO) Remote Code Execution Vulnerability

・スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

・Microsoft Speech API Remote Code Execution Vulnerability

・Chakra スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性

・スクリプト エンジンの情報漏えいの脆弱性

・Microsoft ブラウザーのメモリ破損の脆弱性

以上となります。

追伸:2019年5月より、Windows 10 1607~1803、それと同じビルドベースのWindows Serverにおける『Microsoft Updateカタログ』での差分パッケージの提供はなくなっており、フルパッケージでの提供のみとなっているようで(1809以降は元々フルパッケージ提供)、ダウンロードサイズが1GBを超えるものとなっています。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋晋吾
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る