米国土安全保障省(DHS)と米連邦捜査局(FBI)、および英国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)は、4月16日に共同技術アラートを発表しました。

サイバー攻撃

皆さん、こんにちは。

業務改善を行う業務コンサルタント、高橋です。

さて、多数のメディア報道にてご承知の通り、米英仏によるシリア空爆によってロシアとの対立が深まっており、これに関連し、ロシアからのサイバー攻撃に対して警戒するよう呼び掛けています。

世界のネットワークインフラが標的に

共同アラートでは、世界各国のルータ、ファイアウォール、ネットワークベースの侵入検知システムなど、ネットワーク機器を狙った攻撃を仕掛けているとされています。

政府機関、民間組織、基幹インフラプロバイダー、業界を支えるISP(インターネットサービスプロバイダー)が主なターゲットとなっており、スパイ活動支援、知的財産の取得、ネットワークへの常駐、今後の破壊活動の基盤固めを狙っているとされ、レガシープロトコル、弱いプロトコル、サービスポートなどを使って脆弱性のある機器を見つけ、ファームウェアやOSの改ざんなどを行っているとされています。

影響を受けるとされているのは、GRE(Generic Routing Encapsulation)、Cisco Smart Install(SMI)、SNMP(Simple Network Management Protocol)が有効になっている機器。

また、セキュリティ対策が不十分なままインストールされた機器、メーカーのサポートが終了し、パッチが提供されない機器なども悪用されているようです。

被害に遭う前にチェックしておきたいところです。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る