2017年11月末だったでしょうか、WordPressなどのCMSで使われているPHPの最新系バージョン7.2系がリリースされたのは。

これにより、PHP7.1系以前と比較してパフォーマンスなどはどう改善されたのでしょうか?

php

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

以前、『PHPを使う際のレンタルサーバ』と、『PHP7.1でパフォーマンス向上』という記事にて、PHPのパフォーマンスの改善に関して触れたと思います。

では、現在の最新系であるPHP7.2系はどれほどの改善がなされたのでしょうか?

PHP7.2系のパフォーマンス改善など

少々前置きしますが、昨今、Googleが発表している通り、ウェブのパフォーマンス(表示スピード)は検索ランキングに影響します。

デスクトップに限らず、2018年7月からはモバイル検索のランキングにも影響します。

そして、ウェブサイトにおいて非常に多く使われているCMSのWordPressはPHPで作られており、それで動作します。

また、エンジニアであれば他の機能改善などに目を向けるでしょうが、そうでなければ気になるのはパフォーマンスくらいでしょう。

さて、PHP7.2系(現在の最新バージョンは7.2.4)はPHP7.1系(現在の最新バージョンは7.1.6)と比べてどれくらいパフォーマンス改善がなされたのか?

いくつかのインターネット記事を読むと、『約10%程度の改善』と書かれています。

これ、実際にいくつかの測定サイトで計測してみると、変化が見られた測定サイトでも極わずかで、体感的には『微妙に変わっただろうか?』というくらいに思えます。

ただし、WordPress4.9.5(現在の最新バージョン)でデバッグモードで動作確認をしてみると、PHP7.1系で出ていた非推奨の警告がPHP7.2系では大幅に減少します。

これは、現在のWordPressの推奨環境が『PHP version 7.2 or greater.(PHP7.2以上)』となっていることから、PHP7.1系までで非推奨となっていたものの書き方を改善したのでしょう。

そして現在のPHP7.2系においても推奨されなくなる機能はいくつかあります。

・クオートしない文字列

・png2wbmp()およびjpeg2wbmp() 関数(次のメジャーバージョンアップで削除予定)

・INTL_IDNA_VARIANT_2003 バリアント(次のメジャーバージョンアップで削除予定)

・__autoload() メソッド

・php.ini の track_errors および $php_errormsg 変数

・create_function() 関数

・php.ini の mbstring.func_overload

・(unset) キャスト

・第二引数を指定しないで parse_str() 関数を使う

・gmp_random() 関数

・each()関数

・assert()関数に文字列を渡す

・エラーハンドラの $errcontext 引数

・read_exif_data() 関数

というように掲載されています。

結論から言えば、パフォーマンスに関しては PHP7.2.x ≒ PHP7.1.x 、他の要素も含めて考えると、PHP7.2.x ≧ PHP7.1.x(PHP7.2系がお勧め) といった感じでしょうか。

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る