1.1.1.1 is a partnership between Cloudflare and APNIC.
(1.1.1.1は、CloudflareとAPNICのパートナーシップにより誕生しました。)

DNSパフォーマンス

皆さん、こんにちは。

業務改善を行うIT・業務コンサルタント、高橋です。

以前、『パブリックDNSを使って安全に』という記事や『Verisign提供のパブリックDNS』という記事でご紹介した、パブリックDNSに新たなものが登場しました。

高速なパブリックDNS『1.1.1.1』

この4月1日より、CloudflareとAPNICがタッグを組み、新しい、高速なパブリックDNSサービス『1.1.1.1』が開始されました。

このパブリックDNSはプライバシーを優先し、かつ、他の何よりも速いとされています。

では、プライバシーが優先されているという意味は?

他においてユーザーを識別するIPアドレスの記録を行わないこと。

その証明として、KPMGによるシステム監査を毎年行うとされています。

他の何よりも速いとされているのは、DNSモニターである『DNSPerf』のDNSサービスランクにおいて一番速かったことからです。

私が『DNSPref』で確認した時のQuery Speedは、

1.1.1.1.1:14.01ms

2.Cisco OpenDNS/Umbrella:20.64ms

4.Google Public DNS:34.51ms

6.Norton ConnectSafe:47.54ms

8.Verisign Public DNS:70.77ms

といった感じでした。

しかし、これは地域などによっても違いがあるように感じます。

実際にいくつかのパブリックDNSの値に変更して試してみましたが、私のところでは『Cisco OpenDNS/Umbrella』と『Google public DNS』が一番速く、『1.1.1.1』は『Verisign』と同程度の速さでした。

まだ始まったばかりですので、『1.1.1.1』は今後に期待した方が良いかもしれませんが、他の地域やネットワークなどによっては現時点で一番速いのかもしれません。

ご参考までに

この記事が参考になりましたらシェアしてください

この記事を書いた人

  • 業務コンサルタント高橋進伍
  • 1968年生 愛知県名古屋市出身 会計・給与・販売購買在庫・税金系などの業務システムを製造・販売する某上場企業の出身で、会計・IT・WEBを中心とした業務改善などを行う業務コンサルタント
  • 中小企業庁『ミラサポ』登録専門家/あいち産業振興機構登録専門家/名古屋産業振興公社登録専門家
  • (Publisher:TRILOGYFORCE.COM)

Sponsored Ads

関連記事

Comments

" data-numposts="5">

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お悩み・問題・課題を今すぐご相談ください。お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る